小中学生の前でキャッチボールのお手本を示す牧田明久さん(右手前)=25日、福井県越前市の万葉中

 福井県越前市出身で今季限りで現役を引退したプロ野球元楽天の牧田明久さん(34)を招いた野球教室が25日、同市万葉中で開かれた。

 同市北日野地区の総合型地域スポーツクラブ「北日野スポーツ文化クラブ」が毎年開催しており、12回目。牧田さんが在籍した万葉中野球部や学童野球の北日野マウンテンズの選手ら、小中学生約40人が参加した。

 楽天のユニホームを着た牧田さんは、走塁指導では「とにかく真っすぐに駆け抜けて」とアドバイス。キャッチボールに関してはお手本を示し「きれいな回転で投げられるように。受けるときは胸で」と説明した。小中学生たちは、あこがれの存在からの助言を聞き逃すまいと、真剣な表情。個人的に声を掛けられると目を輝かせていた。

 牧田さんは、楽天が東北6県で開く野球スクールのコーチに就任する。「今後は楽天のコーチや監督を目指したい。今回の野球教室に参加した中から、プロ野球選手が出てきてほしい」と話していた。

関連記事
あわせて読みたい