宮内庁は23日、天皇、皇后両陛下が今週と来週、西日本豪雨で甚大な被害が出た岡山、広島、愛媛3県の知事と住まいの皇居・御所で会い、被害状況について説明を受けられると発表した。

 両陛下の希望で、各知事が別の公務で上京する機会に合わせて御所に招くことにした。25日に愛媛県の中村時広知事、8月2日に岡山県の伊原木隆太知事と広島県の湯崎英彦知事を迎える。

 宮内庁によると、両陛下は災害発生直後から被災地を気に掛け、静岡県への私的な旅行や栃木県の那須御用邸での静養などを中止。3知事には既に、側近を通じてお見舞いの気持ちも伝えていた。

関連記事
あわせて読みたい