政府のもんじゅ廃炉決定を受け、報道陣に「納得できない」と話す渕上敦賀市長=21日、福井県敦賀市役所

 高速増殖原型炉もんじゅの廃炉決定を受け福井県敦賀市の渕上隆信市長は21日、報道陣の取材に「納得できない。(政府決定の中に)市の話を聞いてくれた部分があるのか」と不満を述べ、廃炉は受け入れられないとの姿勢を示した。国が説明する廃炉作業の体制では、立地地域の安全が考えられていないと批判。国策に長年協力してきた立地地域として「いろんな思いを抱えて応援してきたが、今までの信頼関係はどこにいったのか」と突き放した。

 もんじゅの廃炉を巡り、渕上市長は使用済み燃料や冷却材ナトリウムの敷地外への搬出工程を明示するよう国に求めていた。しかし「何の反応もなかった」。国が地元の意見を反映させるとしていたことも「(こちらは)キャッチボールしているつもりが、ボールを投げ続けられてきただけ」と話し、国の一方的な進め方を批判した。

 さらに「本来なら、まず安全に廃炉作業ができる体制を確立してから廃炉判断があると思うが、本末転倒だ」と反発。原子力規制委員会が運営主体として不適格だとした日本原子力研究開発機構が廃炉作業を担うことに「地元は不安をあおられたままだ」と述べ、安全に廃炉作業できる体制を具体的に示すべきだとした。

 もんじゅを誘致して市に価値があったのか、という問いには「夢の原子炉でバラ色の将来があると国が示し、地元の白木区住民は『自分たちがのみ込めば、日本が豊かになる』と覚悟を持って誘致した。ナトリウム漏れ事故などさまざまなトラブルがあっても応援してきた思いを、なぜ国は分からないのか」と訴えた。

 市内では日本原電敦賀原発1号機の廃炉がすでに決定。東京電力福島第1原発事故を受け、敦賀3、4号機の増設計画も宙に浮く。もんじゅの廃炉で、関連企業を含めた約千人の雇用など地元経済への影響は必至だ。

 政府は将来的にも敦賀市を高速炉開発や原子力人材育成の中核的拠点と位置付け、試験研究炉をもんじゅ敷地内に設置し、もんじゅを研究に生かす方針を示したが、渕上市長は「何なのかというのが正直なところ。廃炉さえ受け入れられないのに、なぜこういうものが浮かんできたのかが分からない」と不快感を示した。

関連記事
あわせて読みたい