越前市出身の楽天外野手、牧田明久選手(24)を招いた少年野球教室が二十三日、母校の同市万葉中グラウンドで開かれた。小中学生約七十人が一軍で活躍するプロの技を学んだ。

 北日野スポーツ文化クラブが、子供たちに楽しくレベルアップしてもらおうと昨年に続き開催。地元少年団の北野マウンテンズや中学校野球部員が参加した。

 牧田選手はグローブを手に守備を披露したり、走塁や打撃のこつをアドバイス。「リード姿勢を低く保ったままダッシュ」「打ち上げないでバットをまっすぐに振って」などと声を掛け、一人一人フォームを指導していた。

 参加した球児は一流の技を盗もうと、真剣な表情で聞き入っていた。牧田選手は今季六十二試合に出場、六日に婚姻届を提出し十七日に同市内で挙式した。

関連記事
あわせて読みたい