開幕した水仙まつりで、人気を集めたセイコガニ汁=17日、福井県南越前町の河野シーサイドパーク

水仙まつりが開幕し、水仙娘から笑顔で水仙をプレゼントされる来場者=17日、福井県南越前町河野の河野シーサイドパーク

 第42回水仙まつり(越前海岸観光協会連合会、福井新聞社主催)が17日、福井県南越前町河野の河野シーサイドパークで開幕した。18日までの2日間は同会場で「荒波フェスタ」を開催。水仙の無料配布やカニ汁、海産物の販売などがあり、訪れた大勢の家族連れらが、多彩なイベントを楽しんでいた。

 開会式には、南越前町の川野順万町長や越前町の野賢一副町長ら約50人が出席した。水仙娘3人が「たくさんの人に水仙をPRしたい」などとあいさつ。開幕を祝い2016個の紅白餅がまかれた。水仙の無料配布は人気で、長蛇の列ができた。

 「荒波フェスタ」のテント内の各ブースには、越前がにやイカ焼き、干物といった海産物などが並んだ。セイコガニが丸々1匹入ったカニ汁のブースには、もくもくと立ち上る白い湯気に引かれて来場者が列を作り、午後には売り切れる人気ぶりだった。

 越前海岸観光協会連合会によると、越前海岸に群生する水仙は順調に生育していて、12月下旬に見頃を迎えそう。「荒れた海とりんと咲く水仙が広がる冬ならではの風景を楽しんで」と来場を呼び掛けている。

 水仙まつりは来年1月23日まで。水仙は温暖化により開花時期が早まっており、今年のまつりは例年より約1カ月早い開幕となった。

関連記事
あわせて読みたい