第100回全国高校野球選手権福井大会準々決勝・敦賀気比―美方 六回裏・敦賀気比、野道大誠の中越え適時二塁打で生還した阪口竜暉=7月22日、福井県福井市の福井県営球場

 第100回全国高校野球選手権福井大会第5日は7月22日、福井県内2会場で準々決勝を実施。福井県営球場(福井市)の第2試合は敦賀気比が美方を9―2(7回コールド)で下し、準決勝に進出した。敦賀気比は3戦連続のコールド勝ち。

美方
000 001 1…2
102 105 x…9
敦賀気比

■美方 鈴木友平、岸本健吾―大木翔斗
■敦賀気比 黒田悠斗、上間洸太、坂井翔―杉森圭輔

 敦賀気比は初回、1死一、三塁から阪口竜暉の左犠飛で1点先取。三回には四球と黒田響生の安打などで2死二、三塁とし、阪口の左線適時二塁打で2点追加、四回にも1点を追加した。六回は岩本大輔の左前打と四球で1死満塁とし、阪口の左前適時打で2点追加、さらに、杉森圭輔の左前打や野道大誠の中越え適時二塁打などでのこの回5点を奪い勝負を決めた。先発の黒田悠斗は6回1失点。

 美方は六回、田邉晋騎の中越え二塁打と敦賀気比のエラーで1死三塁とし、藤長大佑の遊ゴロの間に三走が生還し1点を返した。7回にも2死から粘りを見せ1点返したが及ばなかった。

関連記事
あわせて読みたい