JR福井駅に到着した特急サンダーバード

 JR西日本金沢支社は16日、2017年3月4日のダイヤ改正を発表した。福井地区の朝時間帯で普通列車の車両数を増やしたり、行き先を変更したりして列車やホームの混雑緩和を図る。

 特急サンダーバードは金沢発大阪行き22、24、36号と大阪発金沢行き23、25、27、29号の運行時刻を約30分繰り下げる。金沢での北陸新幹線との乗り継ぎ時間を短縮するためで、最大57分あった待ち時間が30分以内となる。

 普通列車では午前7時54分芦原温泉発敦賀行きを2両から4両に増やす。同6時23分敦賀発芦原温泉行きを福井行きに、同6時40分敦賀発福井行きを芦原温泉行きに変更する。また敦賀—金沢間の昼時間帯(午前10時〜午後4時)の上下線(2両編成)計16本で運転士1人によるワンマン運転を導入する。

 北陸新幹線は金沢発東京行き、かがやき510号を午後4時台から同3時台に繰り上げる。

関連記事
あわせて読みたい