女子シングルスのカロリナ・マリン戦でプレーする山口茜=ドバイ(ゲッティ=共同)

 バドミントンのスーパーシリーズ・ファイナルは15日、アラブ首長国連邦のドバイで1次リーグ第2戦が行われ、女子シングルスでリオデジャネイロ五輪8強の山口茜(福井・勝山高出身、再春館製薬所)が同五輪金メダルのカロリナ・マリン(スペイン)に18—21、21—17、21—14で勝ち、1勝1敗とした。

 大会はスーパーシリーズの上位や五輪覇者ら8選手、8組が出場。1次リーグは2組に分かれて総当たりで行われ、各組2位までが準決勝に進む。山口は14日の1次リーグ第1戦でリオ五輪銀メダルのプサルラ・シンドゥ(インド)に1—2で逆転負けを喫していた。

 山口はSS12大会のランキング2位。リオ五輪後のヨネックス・オープン・ジャパンで4強入りし、直後の韓国オープンで3年ぶりにSSを制覇。続くデンマーク・オープンでもカロリナ・マリンらを破って優勝した。

関連記事
あわせて読みたい