21日午前10時40分ごろ、福島県いわき市平鎌田の坂本基子さん(83)方で、高齢女性が顔から血を流して亡くなっているのを訪問した知人男性(62)が発見、119番した。

 顔の損傷が激しいことから、県警は、遺体は住人の坂本さんとみて身元を確認するとともに、事故と事件の両面で調べている。

 県警によると、坂本さんは1人暮らし。玄関近くの居間で見つかった遺体の顔には打撲したような傷があり、鼻付近を骨折して鼻や口から出血していた。部屋は施錠されておらず、荒らされた形跡はなかった。

 県警は22日以降、司法解剖して死因を調べる。

関連記事
あわせて読みたい