第100回全国高校野球選手権記念福井大会の見どころ

 第100回全国高校野球選手権記念福井大会は7月22日、福井県営球場(福井市)と敦賀市総合運動公園野球場で準々決勝4試合を行う。ベスト4を懸け、激しい戦いが予想される。

 県営の第1試合は敦賀気比―美方の嶺南対決。敦賀気比は2回戦で第3シード福井工大福井を10―0と圧倒。エース木下元秀と坂井翔の継投で2安打に抑えた。一方の美方も2回戦で右腕鈴木友平が6回無失点と、投手陣が力を発揮。両校とも3年ぶりの4強を目指す。

 県営の第2試合は敦賀―福井商業。昨夏準優勝の敦賀は2回戦で鯖江に対し劇的な逆転サヨナラ勝ちを収め、勝負強さを見せつけた。第2シード福井商業は2回戦で、北陸を1点差で退けた。夏場に強さを発揮する強豪が、3年連続の4強を見据える。

 敦賀市総合の第1試合は坂井―福井高専。連覇を狙う第1シード坂井は2回戦で打線爆発、10―0で奥越明成に大勝した。福井高専は大野にサヨナラ勝ちし2年連続の8強入り。強打の相手に粘り強く守り、初の4強を引き寄せたい。

 敦賀市総合の第2試合は若狭―啓新。若狭は2回戦、須賀原龍弥と小堂莉玖の無失点リレーで武生商業に勝利した。一方の第4シード啓新は投打に藤島を圧倒。この試合で登板がなかったエース上ノ山倫太朗に注目が集まる。若狭は14年ぶり、啓新は3年ぶりの4強を狙う。

 ■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、第100回全国高校野球選手権記念福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

 ⇒申し込みはこちら

 ⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。熱戦の写真はD刊プレミアムフォトで試合当日に公開する。

関連記事
あわせて読みたい