第100回全国高校野球選手権福井大会2回戦・金津―美方 五回表、3点目のホームを踏む美方の山岸龍己=7月21日、福井県福井市の福井県営球場

 第100回全国高校野球選手権記念福井大会第4日は7月21日、福井県内2会場で2回戦を実施。福井県営球場(福井市)の第1試合は美方が8―0で金津に七回コールド勝ちし、2年ぶりに準々決勝へ進出した。

美方
000 051 2…8
000 000 0…0
金津

■美方 鈴木友平、岸本健吾―大木翔斗
■金津 斉川隼大、田中彰馬―高桑篤耶

 美方は0―0で迎えた五回、1死二、三塁から山岸龍己の内野ゴロで先制すると、磯野蒼人、牧蓮太の連続適時打などで加点。打者10人の猛攻で、この回5点を奪った。六回には藤長大佑の適時打で1点追加。七回に大木翔斗の適時二塁打などで試合を決める2点を奪い、コールド勝ちを収めた。

 先発した右腕鈴木友平が安定感を見せ、6回を3安打無失点。岸本健吾が七回を締めくくった。

 昨秋県大会優勝の金津は、相手先発の前に自慢の打線が振るわなかった。四、六回に二塁まで走者を進めたが、得点には至らず。夏の福井大会初の8強はならなかった。

関連記事