ルートインBCリーグ・福井―石川 3回福井2死二塁、2点本塁打を放ち、生還後に喜ぶ清田亮一(左)=福井県三国運動公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは7月20日、福井県坂井市の三国運動公園野球場で石川ミリオンスターズと戦い、8―4で勝利した。後期通算3勝5敗2分けで、順位は西地区4位。次戦は21日午後1時から、おおい町総合運動公園野球場で滋賀ユナイテッドBCと戦う。

石川
100 210 000…4
003 005 00×…8
福井

 【評】福井は中盤に打線がつながり逆転勝利。中継ぎ陣の力投も光り、後期初の連勝を飾った。

 打線は0―1の三回1死二塁から須藤優太の中前打に敵失が絡み同点、清田亮一の6号2ランで勝ち越した。逆転されたが六回、清田のソロで追いつき、さらに無死二、三塁から石井建斗の中前適時打で逆転に成功。山根弘太郎も右前適時打を放つなど、この回5点を奪い突き放した。

 先発の塚田貴之は制球が甘く4回3失点で降板。後を継いだ望月嶺が2回1失点にまとめると、イムは2回を投げ無失点。最後は日下部啓太が三者凡退で片付けた。

関連記事