連日の暑さでぐったりと寝そべるレッサーパンダ=7月20日午後3時ごろ、福井県鯖江市西山動物園

 あまりの酷暑にレッサーパンダも参った―。福井県内各地で猛暑日が続発する中、鯖江市西山動物園ではレッサーパンダが日陰でぐったりした様子を見せている。

 7月20日の園内は来園者もまばらで、セミの鳴き声が大きく響いていた。雄の「たいよう」君は木に腹ばいになり、舌を出して荒く息を吐き「暑さはこりごり」と言わんばかり。同園によると、レッサーパンダは元々高地に生息しているため暑さは苦手。

 飼育員の金田俊晃さん(50)は「厳しい暑さが続くので、水分や果物を十分に与え、熱中症にさせないように注意したい」と話していた。
 

関連記事