福井地裁

 裁判所の令状なしで捜査対象者の車両に衛星利用測位システム(GPS)端末を無断で取り付けた福井県警の捜査が違法かどうかをめぐり争われ、覚醒剤を職業的に密売していたとして麻薬特例法違反などの罪に問われた福井市の無職、田端幸夫被告(50)の裁判員裁判の判決公判が6日、福井地裁であった。入子光臣裁判長は「GPS捜査に重大な違法はなかった」などとして「適法」と判断。懲役6年、罰金100万円、追徴金184万円(求刑懲役7年、罰金100万円、追徴金184万円)を言い渡した。

 GPS捜査の違法性は全国の地裁、高裁で判断が分かれているが、福井地検によると、市民の感覚を取り入れた裁判員裁判の判決は全国初とみられる。

関連記事