山口茜

 バドミントンの全日本総合選手権最終日は4日、東京・代々木第二体育館で各種目の決勝が行われた。女子シングルスで山口茜(福井県立勝山高出身、再春館製薬所)は佐藤冴香(ヨネックス)に0—2で敗れ2年ぶりの優勝はならなかった。佐藤は初優勝。

 山口は第1ゲームを18—21で落とすと、第2ゲームも中盤粘りを見せたものの17—17から連続で4ポイントを奪われ試合を決められた。山口は昨年の同大会準決勝で佐藤に0—2で敗れており、雪辱を果たすことはできなかった。

 女子ダブルスは高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が米元小春、 田中志穂組(北都銀行)を2—1で下し2年連続5度目の優勝を決めた。

 男子シングルスは西本拳太(中大)が坂井一将(日本ユニシス)に2—1で逆転勝ちし、初優勝した。

 男子ダブルスでは園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)を2—1で破り2連覇。

 混合ダブルスは嘉村健士(トナミ運輸)米元小春(北都銀行)組が権藤公平(トナミ運輸)廣田彩花(再春館製薬所)組を2—0で破り頂点に立った。

関連記事
あわせて読みたい