トランプ米大統領(ゲッティ=共同)、ロシアのプーチン大統領

 【ワシントン共同】サンダース米大統領報道官は19日、トランプ大統領がボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に対し、ロシアのプーチン大統領に今秋の米首都ワシントン訪問を要請するよう指示したとツイッターで明らかにした。米ロ両国の関係当局が既に協議を開始したとしている。

 米ロ首脳は16日にフィンランドで直接会談を実施したばかり。ロシアによる2016年米大統領選介入疑惑をプーチン氏に追及しなかったとして与野党の非難を一斉に浴びる中、トランプ氏は早期の再会談により成果を示すことで自身の対応の正当性をアピールする考えとみられる。

関連記事