築地市場(東京都中央区)で最多の組合員を抱える業界団体「東京魚市場卸協同組合(東卸)」の早山豊理事長が19日、記者会見し、10月11日に開場する豊洲市場(江東区)への移転までに小池百合子知事が予定している豊洲の安全宣言について「生産者も消費者も安心できるような言葉にしてほしい」と述べた。

 豊洲市場は今月12日、土壌汚染対策の追加工事を終えた。今後、専門家会議が安全性を確認した上で農相に認可申請することになっており、知事の安全宣言は認可後に出される見通し。

 豊洲への引っ越し作業は、築地の最終営業日となる10月6日から本格実施する。

関連記事
あわせて読みたい