舞鶴若狭自動車道の小浜西—敦賀間(約五十キロ)のうち、美浜町興道寺、麻生両区の用地交渉がまとまり二日、町役場で調印式が行われた。今回の契約により、町内の対象七地区すべてで用地交渉がまとまった。

 同日契約したのは区間延長約二・五キロ分で、田、畑、山林など約十三万平方メートル。対象地権者は七十三人。式には、県や町の関係者ら約三十人が出席。中日本高速道路の増島隆夫・敦賀工事事務所長は「一日も早く完成するよう全力を挙げて取り組みたい」と述べた。

 県舞鶴若狭自動車道敦賀用地事務所によると、用地買収の進ちょく率は小浜西—小浜間で99%、小浜—敦賀間で82%(十一月二十七日現在)となっている。

関連記事
あわせて読みたい