都道府県別「男余りMAP(20代~30代)」

 男性の生涯未婚率が23.4%、女性は14.1%(配偶関係不詳を除く)——。

 これは、10月末に発表された2015年の国勢調査確定値で明らかになった事実です。5年前の前回調査(男が20.1%、女が10.7%)と比較すると、男女ともに3%以上も上昇しており、過去最高です。

 年代別に未婚率を見てみると、30代男性の未婚率だけ減少しています。特に35〜39歳では、前回調査と比較して0.6ポイントも下がっています。しかし、20代と40代では男女ともに未婚率が相変わらず増え続けており、特に45歳以上の増加が顕著です。しかも、女性の場合は、20代〜40代のすべての年代での上昇幅が男性よりも大きいのです。

 つまり、20代のうちは、より結婚をしなくなる「晩婚化」が進行し、40代過ぎると今度は、もう結婚を諦めるという「非婚化」の方向にシフトしているといえます。

 ■男性の生涯未婚率はナゼ女性の2倍も?

 ところで、男性の生涯未婚率はなぜ女性の2倍もあるのだと思いますか?結婚は男女のマッチングです。有配偶人口は基本的に男女同数ですから、未婚人口もほぼ男女同数のはずだと思っていませんか?

 それは大きな間違いです。未婚の男が余っているんです。それも相当な数。

 そもそも、男子の出生率の方が高いのは、皆さんがご存知の通りです。そして、2015年の国際連合の推計によれば、世界の人口約73億人のうち、男性が50.4%、女性が49.6%で、ほぼ1%程度、実数にすると6000万人ほど男の人口の方が多いということになります。

 ただ、日本の場合は、総人口1億2709万人に対して、男性6184万人、女性6525万人(2015年の国勢調査)となり、実は女性の方が多いのです。これは、女性の出生数が多いためではなく、女性の方が長生きだからです。

 では、これを未婚者だけに限定して比較してみると、どうなるでしょうか。

■東洋経済オンラインの関連記事■
「家庭に浸り過ぎない」男性はやはり魅力的だ
西荻窪が「30代おひとり様」を惹きつける理由
既婚男性ばかりにモテる女の「残念な特徴」
■福井新聞ONLINEの関連記事■
要注意、ストレスは「顔に出る」
宿題丸写しでもハーバード大合格
仕事が一流の人の持ち物選びの秘訣
 

関連記事
あわせて読みたい