山本拓氏

 与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)メンバーで自民党福井県連会長の山本拓衆院議員は26日、福井市内での研修会あいさつで、北陸新幹線敦賀以西ルートについて「年内に小浜・京都案で決着する」と述べた。早さと使いやすさを裏付けた国土交通省の調査結果を踏まえ、1973年の整備計画に沿い、営業主体のJR西日本が推している小浜・京都案を採用する方向で与党が最終調整に入ったことを明らかにした。

 研修会終了後、山本氏は「小浜・京都案はもともと整備計画で決まったルートだし、国の調査結果が示された後、沿線自治体や北陸経済連合会、関西経済連合会など経済界から支持が相次いでいる。整備計画以外のルートが議論の中心になることは筋論としてありえない」と説明。さらに整備新幹線の着工5条件には「営業主体の同意」が含まれている点を挙げ「JR西がやりたいと言っていることが全ての条件をクリアする一番の決め手になった」とした。

 現在、与党PT下部組織の与党敦賀以西ルート検討委員会が沿線自治体などから意向の聞き取りをしているが「流れはもう変わらない」と強調。その上で「(米原案、舞鶴案を推す人に)手をどう下ろしてもらうか。円満に終わらないといけない」と述べ、決定には滋賀県、京都府やそれぞれの与党国会議員との調整が必要との認識も示した。

 小浜・京都案の決定時期については「新年度政府予算案に何らか反映させたいので、(25日の)クリスマス前後までに与党PTで決定するのではないか。年末ぎりぎりにはならないだろう」と述べた。年明けからは小浜・京都案を早期に全線開業させるための新規着工財源の議論に移っていくとの見通しを示した。

 国の調査結果によると、小浜・京都案は福井—新大阪の片道運賃が乗り換えの必要な米原案より約3000円、遠回りの舞鶴案より約2000円安く、所要時間も最短となっている。

関連記事