事故現場(福井県おおい町)

 24日午後5時55分ごろ、福井県おおい町福谷の舞鶴若狭自動車道下り線で、同町の農業田中哲夫さん(79)が運転する軽トラックが逆走し、トラックとその後ろを走っていた乗用車に相次いで正面衝突した。田中さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 県警高速隊によると、現場は大飯高浜インターチェンジ(IC)から舞鶴方面へ約300〜400メートルの地点で、片側2車線の直線道路。トラックを運転していた兵庫県西宮市、トラック運転手の男性(54)と、乗用車の福井市の会社員男性(43)にけがはなかった。

 高速隊によると、県内の舞若道での逆走事故は初めて。この事故で同自動車道の舞鶴東—大飯高浜IC間の下り線が、午後6時25分から約4時間45分通行止めになった。

■IC逆進入?Uターン?

 おおい町の舞鶴若狭自動車道で、逆走した軽トラックが正面衝突し男性が死亡した。現場に最も近い大飯高浜インターチェンジ(IC)から誤って逆進入したのか、本線を走行中に誤ってUターンしたのか—。男性の現場までの走行経路の特定など、詳細な捜査は25日以降になりそうで、県警の原因究明が待たれる。

 同ICの料金所は出口と入り口が同じ地点にある。料金所出口のバーは短いものの、破壊された形跡はないとみられる。

 現場付近の中央分離帯はコンクリート製で、片側2車線区間。舞鶴方面から走ってきて、誤って同ICに進入してしまったため戻る際に、Uターン路を誤った可能性もある。

 県警高速隊では「可能性が多くありすぎて、現時点では何とも言えない」とし、同ICのカメラ映像などを解析し原因を調べる方針。

関連記事