福井県おおい町が発注した公共工事を巡り、受注業者との間で何らかの不正があった疑いがあるとして、町の幹部職員らが県警から任意聴取を受けていることが23日、町関係者への取材で分かった。

 町によると、幹部を含む複数の職員が9月下旬から複数回、任意聴取を受けているという。ここ数年の入札資料なども提出した。町側は10月14日に町議13人全員が集まった場で、幹部職員らが任意聴取を受けていることを説明した。

 中塚寛町長は福井新聞の取材に対し、幹部職員らが任意聴取を受けていることを認めた上で「町として県警の捜査に協力し、捜査を見守っている」と話した。

関連記事