第100回全国高校野球選手権記念福井大会の見どころ

 第100回全国高校野球選手権記念福井大会は7月21日、福井県営球場(福井市)と敦賀市総合運動公園野球場で2回戦4試合を行う。敦賀市総合第1試合は、第3シード福井工大福井と強豪敦賀気比が激突する。

 両校とも初戦は10―0の5回コールド勝ち、被安打0で勝ち上がった。福井工大福井は猪奥理希の本塁打などで11安打。対する敦賀気比は4番阪口竜暉が5打点を挙げるなど9安打。ともに打撃の好調ぶりを見せつけた。

 夏の福井大会における両校の対戦は、昨年の2回戦に続き2年連続。この試合は敦賀気比が終盤に5点差を逆転、12―5で勝利した。15年の決勝では敦賀気比が4―3で勝利している。

 福井県営の第1試合は打撃戦を制した金津と、初戦をコールドで勝ち上がった美方の対戦。第2試合は大会初のタイブレークの末に勝利した藤島が、エース上ノ山倫太朗が投打に存在感を見せる第4シード啓新に挑戦する。

 敦賀市総合の第2試合は投手陣が安定した力を見せた武生商業と、初戦10得点の若狭が顔を合わせる。

 ■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、第100回全国高校野球選手権記念福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。閲覧には会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

 ⇒申し込みはこちら

 ⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。熱戦の写真はD刊プレミアムフォトで試合当日に公開する。

関連記事