見晴らしのいいときには、市中心部からも眺めることができる福井市の国見岳森林公園の2台の風車。電気の販売を目的とする風力発電所として県が2002年に建設した。ともに高さ75メートル、羽根の直径52メートルで、毎月15万―35万キロワット、年間約300万キロワットを発電、北陸電力に売却している。年間売上額は約3000万円で、一般家庭700―800世帯の電力をカバーしている計算になる。