美浜原発3号機(福井県美浜町)の40年超運転に関する政府方針について説明する資源エネルギー庁の多田次長(左)=17日、福井県庁

 原則40年の運転期間を延長して再稼働を進める関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)が、原子力規制委員会から運転延長を認可されたことを受け、経済産業省資源エネルギー庁の多田明弘次長が17日、福井県庁で藤田穣副知事に政府の再稼働方針を伝えた。藤田副知事は「事業者が安全対策工事などの準備段階の作業に入る状況にあると理解した」と述べ、先行する40年超プラントの高浜原発1、2号機同様、工事入りを了承した。

 再稼働の同意判断については「工事の実施状況、保安規定の変更、国の責任ある対応の積み重ねを見ながら、慎重に判断したい」とした。

 多田次長は、美浜3号機の運転延長について「安全性最優先の上、エネルギーミックス実現などに取り組むため意義がある」と述べ、新規制基準に適合した原発は地元理解を得ながら再稼働を進めるという政府の方針を示した。国民理解に向けた説明も国が前面に立つと強調。来月11日に福井市で開かれるシンポジウムに出席し、40年超運転について説明すると明らかにした。

 藤田副知事は工事入りを了承したほか、40年超運転に対する国民理解の促進、使用済み核燃料の中間貯蔵施設の早期県外立地に対する国のリーダーシップを要求。加えて、高速増殖炉もんじゅ(敦賀市)を含めた核燃料サイクルの方向性について、議論を尽くすよう注文した。

 関電は今後、約1650億円を投じ、全長約千キロの電気ケーブルを防火シートで包んだり、重大事故時の拠点となる「緊急時対策所」を設置したりする安全対策工事を行う予定。完了は2020年春ごろとしており、再稼働はそれ以降になる見通し。

関連記事
あわせて読みたい