大阪市が実施した労働組合などに関するアンケートで職員のプライバシー権を侵害したとして、第二東京弁護士会から業務停止1カ月の懲戒処分を受けた野村修也弁護士(56)は17日、日弁連に不服を申し立てると明らかにした。

 野村弁護士は同日、「私の行動が慎重さを欠き、配慮の足らない面があったということなので、指摘を重く受け止めたい。一方で、私の主張を理解いただけなかったことは大変残念に思う」とのコメントを出した。

 所属する弁護士会から懲戒処分を受けた弁護士は日弁連に不服を申し立てることができる。

関連記事