米ハワイ島のキラウエア火山の溶岩直撃で屋根が破壊された観光ボート=16日(ハワイ州土地自然資源局提供・共同)

 【ホノルル共同】米ハワイ州ハワイ島で続くキラウエア火山の噴火で16日、噴火の様子を海から見学する観光ボートを溶岩が直撃、少なくとも観光客ら23人が負傷した。うち20代女性1人が重体。AP通信などが当局情報として報じた。

 世界最大級の活火山キラウエアは5月3日から噴火活動が続いているが、観光客に負傷者が出たのは初めてとみられる。在ホノルル日本総領事館によると、日本人観光客はいなかった。

 報道によると、ボートには約50人が乗っており、溶岩が観光ボートの屋根を直撃。20代女性を含む13人が病院に搬送されて治療を受けた。残る10人はやけどなどの軽傷を負った。

関連記事
あわせて読みたい