朝日を浴び、雲海に浮かぶ足羽山=12日午前7時ごろ、福井市の下市山山頂(佐々木徹さん撮影)

 福井市内は12日朝、深い霧に覆われ、足羽山が雲海に浮かぶ姿が見られた。オレンジ色の朝日を浴びる足羽山は、まるで雲の海に現れた孤島のよう。撮影した男性は「これほどの雲海は今シーズン初めて」と話している。

 同市の佐々木徹さんが同日午前6時半ごろ、同市東安居地区の下市山山頂から撮影した。佐々木さんは「大野城が天空の城として有名になる中、福井市でも雲海の素晴らしい景色が見られることを知ってもらいたい」と話している。

 福井地方気象台によると、12日朝は前日の雨で残った地上付近の湿った空気が放射冷却で霧となり、福井県内全域に濃霧注意報が出ていた。

関連記事
あわせて読みたい