信濃―福井 3回福井1死満塁、山根弘太郎が中前に2点適時打を放ち5―3と勝ち越す=長野県伊那市の伊那スタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは7月16日、長野県伊那市の伊那スタジアムで信濃グランセローズと戦い、25―5で勝利した。4月29日の滋賀戦で記録した球団最多に並ぶ25得点を挙げ大勝した。後期通算2勝5敗2分けで、順位は西地区4位。次戦は20日午後6時から、坂井市の三国運動公園野球場で石川ミリオンスターズと戦う。

福井
207 260 404…25
030 010 100…5
信濃

 【評】福井は22安打25得点と打線が大爆発。連敗を4で止めた。

 一回、松本友と清田亮一のソロで2点を先制。2―3の三回は、1死一、二塁から荒道好貴の中前適時打で追いつき、山根弘太郎の2点適時打で勝ち越し。さらに木内陸、須藤優太の適時打で一挙7点を奪った。

 五回には打者一巡の攻撃で6点。21―5の九回にも、山根が走者一掃となるランニング本塁打を放つなど、猛打が止まらなかった。

 先発園田彪は5回を4失点にまとめ6勝目。六回以降に登板した4投手も崩れなかった。

関連記事
あわせて読みたい