第100回全国高校野球選手権福井大会2回戦・大野ー福井高専 延長戦の末にサヨナラ勝ちし、グラウンドで喜び合う福井高専の選手たち=7月16日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第100回全国高校野球選手権福井大会第3日は7月16日、福井県内2会場で1、2回戦6試合を行った。敦賀市総合運動公園野球場の第3試合(2回戦)は福井高専が大野に7-6で延長10回サヨナラ勝ちを収め、準々決勝に進出した。

大野
010 200 300 0…6
111 100 002 1x…7
福井高専

■大野 齊藤元弥、安川龍一、春木捷吾ー千歩三晃
■福井高専 服部雅大、坪川歩史、服部ー藤田悠生

 福井高専は一回裏、ライトへ二塁打を放った先頭打者の柿原悠登を三塁へ送り、辻岡理仁の左前適時打で先制。二回裏には2死から朝倉龍司が左中間を破る適時二塁打で1点追加。三回裏は服部雅大、井波大地の連打でさらに1点を奪い、四回裏にも2死三塁から柿原の内野ゴロの間に加点した。

 2点を追う九回裏には、山本光晟の左前打、辻岡理仁の左翼線を破る適時二塁打で1点差とすると、服部が右前打を放ち、無死一、三塁とチャンスを広げ、井波の内野ゴロの間に同点に追いついた。延長十回は2死二塁の好機で山本が中前適時打を放ち、二走柿原がホームイン。サヨナラ勝ちを収め、歓喜の輪を作った。
  
 大野は2点を追う四回表、澤田健太の二塁打と石上漱大の内野安打で無死一、三塁のチャンスを作り、山内龍弥の内野ゴロの間に1点、続く中村柊吾のスクイズが敵失を誘い同点に追いついた。1点を追う七回表には2死から清水裕太、安川龍一が連打。千歩三晃が四球を選び満塁とすると、齊藤元弥が適時三塁打を放ち、逆転に成功。勢いに乗って延長十回にも得点圏に走者を出したが、あと1本が出なかった。

関連記事