福井県高野連は8日、福井市内で常任理事会を開き、来春の第89回選抜高校野球大会の21世紀枠出場候補に羽水を推薦することを決めた。

 羽水は秋の県大会1試合平均10安打と強力な打線が持ち味。準々決勝では、敦賀気比を接戦の末に破った。準決勝は坂井に3−4で敗れたものの善戦を見せた。

 過去10年間で県大会では8強以上が9回、4強以上が3回。北信越地区大会へは1回出場している。

 北信越地区推薦選考委員会が11月下旬に開かれ、5県の候補の中から1校に絞られる。

 一般出場候補として、北信越大会に出場した福井商業、坂井、福井工大福井の3校を推薦する。

関連記事