第100回全国高校野球選手権福井大会2回戦・坂井―奥越明成 一回、生還する坂井の小林寛弥=7月16日、福井県福井市の福井県営球場

 第100回全国高校野球選手権記念福井大会は7月16日、福井県内2会場で1、2回戦を実施。福井県営第2試合(2回戦)は昨夏王者の第1シード坂井が奥越明成に10―0で5回コールド勝ちし、準々決勝に進出した。

奥越明成
000 00…0
620 2x…10
坂井

■奥越明成 山田聖、山俊也―廣瀬楓真
■坂井 嶋田勘人、帰山慎―石川雅晴

 坂井は一回、1死二塁から三盗を決めた小林寛弥が、相手守備が乱れる間に生還して先制。その後も遠藤泰、山口信太、畑岸滉の3連続適時打や相手失策などで加点し、この回だけで6点を挙げた。二回には石川雅晴の適時打で2点を追加。四回にも2点を加えてコールド勝ちを収めた。

 先発嶋田勘人は4回を無安打無失点と危なげなし。五回から投げた帰山慎も無失点で抑えた。

 奥越明成は初回の大量失点が重くのしかかった。打線は五回に廣瀬楓真がチーム唯一の安打を放ったが、得点には至らなかった。

関連記事