第100回全国高校野球選手権福井大会1回戦・武生商業―羽水 二回、武生商業・宮迫竜也の適時二塁打で生還する竹澤亜南(中央)=7月16日、福井県福井市の福井県営球場

 第100回全国高校野球選手権記念福井大会は7月16日、福井県内2会場で1、2回戦を実施。福井県営第1試合(1回戦)は武生商業が羽水を4―1で下し2回戦に進出した。

武生商業
020 200 000…4
000 000 010…1
羽水

■武生商業 上丸涼雅、中川凌、上丸―高橋歩夢
■羽水 佐藤義視、岩佐京志郎―山内大雅

 武生商業は二回、2死一、二塁から宮迫竜也が左中間に適時二塁打を放ち2点を先制。四回には竹澤亜南の適時打などで2点を追加。終盤の羽水の反撃を1点に抑え、勝利を収めた。

 先発上丸涼雅が4回無失点で中川凌に継投。中川も安定した投球で1失点に抑え、終盤は再び上丸が登板し試合を締めくくった。

 羽水は4点を追う八回、1死二塁から中田雅貴の左翼線適時二塁打で1点を返したが、反撃はここまで。四回に1死二、三塁、五回に2死満塁の好機を迎えたが、無得点に終わったのが痛かった。

 先発佐藤義視は四回途中で岩佐京志郎に交代。岩佐は5回1/3を無失点と安定感を見せたが、逆転勝利を呼び込むことはできなかった。

関連記事