第100回全国高校野球選手権福井大会1回戦・美方―科学技術 五回裏、適時三塁打を放った美方の磯野蒼人=7月16日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第100回全国高校野球選手権福井大会第3日は7月16日、福井県内2会場で1、2回戦6試合を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合(1回戦)は美方が科学技術に10-1で7回コールド勝ちし、2回戦に進んだ。

科学技術
010 000 0…1
400 420 x…10
美方

■科学技術 井手翼、衣川孝治ー山内勇翔
■美方 鈴木友平ー大木翔斗

 美方は初回、バントヒットで出塁した先頭の前田泰我を送った後、2四死球で満塁のチャンスを迎えると、山本侑輝の内野ゴロが敵失を誘い2点を先制。なお2死二、三塁で中村樹希哉が右前へ適時打を放ち1点追加、敵失でさらに追加点を手にした。四回には前田泰我、山本の二塁打、田邉晋騎、磯野蒼人の三塁打など長打攻勢で4点を加えた。五回裏にも磯野の適時三塁打などで2点を奪い、勝負を決定付けた。

 先発したエースナンバーの鈴木友平は、サイドスローから繰り出す球威のある直球で凡打の山を築いた。科学技術は二回表、坂下翔翼の中前打と四球で2死一、二塁とし井手翼の中前適時打で1点を返した。その後も走者を出すものの、流れを引き寄せることができなかった。

関連記事