第100回全国高校野球選手権福井大会1回戦・金津―武生東 四回裏、6点目のホームを踏んだ金津・高柴太一=7月15日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第100回全国高校野球選手権福井大会第2日は7月15日、福井県内2会場で1回戦6試合を行った。敦賀市総合運動公園野球場の第3試合は金津が武生東を9―7で下し、2回戦に進んだ。

武生東
000 300 040…7
103 200 21x…9
金津

■金津 斉川隼大、田中彰馬―高桑篤耶
■武生東 山田聖也、飯田誠吾―辻隆誠

 金津は初回、2死一塁から高桑篤耶が右前打を放つと相手守備の乱れを誘い先制。三回には相手守備の乱れや、夛田新太郎の右越え適時三塁打で3点を奪い引き離すと、1点差に詰め寄られた四回は2死二塁から安岡倫宏が左前適時打を放つなどして力投する投手陣を援護。再び1点差で迎えた八回には1死一塁から安岡が右中間適時三塁打放ち加点、武生東の反撃を退けた。

 先発の斉川隼大は四回に集中打を浴び3点を失った。継投した田中彰馬は八回に1点差まで追い付かれるも、粘りの投球で逆転を許さなかった。

 武生東は4点を追う四回、木村壮一と山内晴登の連打で1点を返し勢いに乗ると、谷口健人の右中間適時三塁打と辻隆誠の左前適時打でさらに加点、この回計3点を挙げた。5点差で迎えた八回は、2死満塁の場面で谷口が走者一掃の右翼線適時三塁打を放つなどして1点差にまで詰め寄ったが、最後まで追い付くことはできなかった。

関連記事