第100回全国高校野球選手権福井大会1回戦・敦賀気比-丸岡 一回裏、1死一、二塁で本塁打を放つ敦賀気比の阪口竜暉=7月15日、福井県福井市の福井県営球場

 第100回全国高校野球選手権記念福井大会第2日は7月15日、福井県内2会場で1回戦を実施。福井県営球場(福井市)の第2試合は敦賀気比が10-0で丸岡に5回コールド勝ちし、2回戦に進んだ。敦賀気比の4番打者、阪口竜暉が5打点の活躍を見せた。

丸岡
000 00…0
301 6×…10
敦賀気比

■丸岡 アビダン未来―眞柄侑誠
■敦賀気比 笠島尚樹、坂井翔、木下元秀―杉森圭輔

▽本塁打 阪口竜暉(敦賀気比)

 敦賀気比は一回裏、左前打の黒田響生と死球で出塁した高橋丞を一、二塁に置き、4番打者の阪口が高めに浮いたボールをレフトスタンドへ運び、さい先良く3点を先制した。三回に杉森圭輔の適時打で1点を加えた。四回には森田里玖の中前打と死球で1死一、三塁とし、岩本大輔のショートへの内野安打で1点追加。なお満塁のチャンスを作り、高橋の犠飛で得点した後、阪口が左越えの適時二塁打。この後、野道大誠も適時打を放ち、この回一挙6点を挙げた。先発した1年生投手、笠島尚樹はテンポのいいピッチングで丸岡に連打を許さなかった。

 丸岡は先発のアビダン未来をバックがファインプレーでもり立てたが、相手打線の勢いを止めることはできなかった。初回に相手の失策がらみで2死三塁のチャンスを作ったが、あと一本が出なかった。

関連記事
あわせて読みたい