与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)メンバーで、敦賀以西ルート検討委員会委員の高木毅衆院議員は5日、自民党福井県連の定期大会で「9日に検討委、11日に与党PTが開かれる手はずになっている」と述べた。9日と11日のいずれかに、福井県が求める小浜・京都と、京都府と滋賀県が要望している舞鶴、米原の3ルートに関する国土交通省の調査結果が示されるとみられる。

 高木氏は、報道陣に「当初は(親組織の)与党PTの会合に(下部組織の)敦賀以西検討委の委員を入れて国交省から調査結果の説明を受けると聞いていたが、検討委で先に聞くのかもしれない」と話した。検討委員会は9日以降、毎週水曜に会合を開催し、年末に政府・与党協議で最終的にルートを決定する流れになるとの見通しを示した。

 与党PTメンバーの滝波宏文参院議員も同大会で「(11日の)金曜にも開かれる与党PTで国交省は公のしっかりとしたルート比較表を示すようだ」と話した。

関連記事
あわせて読みたい