返礼品として予定しているホワイトザウルスフィギュアのイメージ

 福井県勝山市は4日、来年度にも新たに設置する恐竜モニュメント「ホワイトザウルス」の建設向けインターネットで資金調達する「ガバメントクラウドファンディング」を始めた。寄付金額に応じ返礼品としてホワイトザウルスの骨格モデルや1点もののフィギュアなどを用意している。

 同市村岡町郡の県立恐竜博物館近くに立っていたホワイトザウルス(全長17・5メートル)は骨組みの木材が腐食して7月に頭部が落下し、その後撤去された。市が同様のデザインで新調を計画している。

 郵便送金での寄付は10月から受け付け、すでに53件、62万2500円が集まっている。

 ネットではふるさと納税サイト「F×G(エフバイジー)」で郵便と並行し、来年1月末まで募集する。寄付金額に応じ住民税、所得税の控除が受けられる。

 金額は子どもでも寄付できるよう千円から可能。返礼品はいずれもホワイトザウルスをモチーフにしたものばかり。金額に応じ、クリスタルモミュメント、金属製の骨格モデルのほか200万円以上の寄付者には先着1人限定で、建設する恐竜を精巧に再現した1点もののフィギュアを贈呈する。

 目標金額は「サウルス」にちなみ3564万円。市ホームページ内の「リ・ボーン作戦」から納税サイトに入ることができる。問い合わせは市未来創造課=電話0779(88)1115。

関連記事