選手登場曲のイントロクイズなどで交流を深めたエレファンツ感謝祭=3日、福井市のフェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツを運営する福井県民球団は3日、ファン感謝祭(福井、さかいケーブルテレビ協賛)を福井市の福井フェニックススタジアムで開いた。子どもから大人までファン約170人が、選手たちと一緒にゲームを楽しみ交流を深めた。

 選手、ファン混合の3チームに分かれて、選手の登場曲を当てるイントロクイズ、ドッジボール、リレーの3種目を行った。ドッジボールではファンの声援に押され、選手同士の白熱した“バトル”も勃発。球場内には笑顔があふれ、選手もファンも和やかなひとときを過ごしていた。

 家族4人で参加した福井市の権田姫乃さん(10)は「リレーは距離が長かったけど楽しかった。選手は体が大きくて足も速かった」と話していた。小野瀬将紀主将は「シーズンが終わって選手たちも解放されたように楽しんでいた。これで一区切り。来年こそは優勝できるように頑張りたい」と気持ちを新たにしていた。

関連記事