【10年前のきょう・2008年7月15日】文部科学省の支援を受け、敦賀工業高は十五日、敦賀市プラザ萬象で原子力・エネルギー人材育成セミナーを開催。県内三高校の生徒ら約四百三十人が、原子力関連産業の現状やエネルギーの重要性などを学んだ。

 文科省の原子力人材育成推進事業の一環として昨年から五年計画で進められている。本県のエネルギー研究開発拠点化計画の推進に向け、原子力やエネルギー関連企業への人材供給を促進するのが狙い。

関連記事