午前中から気温が30度を超えた福井県福井市=7月14日午前11時45分ごろ

 気象庁は7月13日、竹川元章予報官が記者会見を開き、14~16日の3連休中、東北南部から西日本豪雨の被災地を含む広い範囲で気温がかなり高くなる恐れがあるとして、小まめな水分補給など熱中症予防を呼び掛けた。その後も7月下旬まで厳しい暑さが見込まれる。

 3連休中に予想される最高気温は福島市で35~36度、前橋市36~38度、甲府市37~39度、岐阜市38度、大阪市36~37度、岡山市36~37度、広島市35度、松山市33~34度など。一部の地域では40度を超える可能性もある。

 福井地方気象台によると、県内は今後1週間にわたり高気圧に覆われて晴れの日が多くなり、気温がかなり高くなる恐れがある。14日に予想される最高気温は福井市、大野市がいずれも33度、敦賀市が32度。15日以降は最高気温が35度以上の猛暑日になる可能性がある。

 同気象台は今後、県内に高温注意情報が出る可能性があるとして、こまめな水分補給などの熱中症対策や農作物の管理などに注意を呼び掛けている。

 新潟地方気象台は、福井県を含む北陸地方に高温に関する「異常天候早期警戒情報」を発表しており、7月下旬まで警戒を促している。

関連記事