漢字研究の第一人者で、古代甲骨文字から現代の漢字の成り立ちを研究し独自の文字学体系を確立した福井市出身の文化勲章受章者、白川静(しらかわ・しずか)氏(立命館大名誉教授)が十月三十日午前三時四十五分、多臓器不全のため京都市内の病院で死去した。九十六歳。自宅は京都市西京区。近親者による密葬は一日、市内で行われた。同大学によると今後「お別れ会」が開かれる予定。

 白川氏は一九一○年、福井市佐佳枝中町(現大手三丁目)生まれ。中学で教壇に立つ傍ら、立命館大漢文学科へ進み、五四年から同大教授。中国最古の文字資料である殷・周の甲骨文や金文に対して体系的な研究に取り組んだ。

 日本と中国とが東アジア地域において文化的類型性を持つという広い視野に立った研究で、従来の漢字解釈を覆す新たな「白川文字学」を確立。国内外で高い評価を受けた。長年の地道な研究成果は独力で三部の字書「字統」「字訓」「字通」に編さんし、漢字文化の豊かな世界を広く社会に紹介した。その他「金文通釈」「説文新義」など著書多数。

 九一年に菊池寛賞、九八年に文化功労者に選ばれ、九九年に勲二等瑞宝章、二○○○年に井上靖文化賞、○四年に文化勲章を受けた。本県でも○二年に県民賞。同年完成した福井新聞社新社屋の交流ゾーンを「風の森」と命名し、メディアを「風」と例えた愛称は広く県民に親しまれている。福井、京都両市では名誉市民。

 その後も立命館大・白川静記念東洋文字文化研究所で名誉所長、認定NPO法人・文字文化研究所(京都市)では最高顧問を務め、活発な講演活動で漢字文化の復興に努めていた。

 今年六月には福井市の県生活学習館へ講演に訪れ、漢字の成り立ちを解説するなど元気な姿を見せていたが、十月初旬に体調を崩し入院していた。