都道府県の魅力度ランキング

 ブランド総合研究所(東京)の2016年地域ブランド調査がこのほど発表され、福井県の魅力度は41位だった。北陸新幹線金沢開業によって注目が高まった前年の31位から下降した。

 北陸3県では、石川県は前年11位から過去最高の9位に上昇。富山県は前年30位から18位に上がった。

 同研究所は「北陸新幹線で北陸3県が注目された中、福井県内はまだ開業していないこともあり、直接的な効果につながらなかったのだろう」としている。

 全国上位はトップが北海道。京都府、東京都、沖縄県が続いた。茨城県は4年連続で最下位だった。

 調査は6〜7月にインターネットで実施。全国約3万人から回答を得て、5段階評価の結果を数値化した。

 市区町村別の魅力度調査では、北海道函館市が3年連続4度目の1位となった。函館市は、3月の北海道新幹線開業に伴って観光人気が高まっている。2位京都市、3位札幌市と続き、10位までの顔ぶれは、前年の調査と同じだった。

関連記事
あわせて読みたい