知事賞に選ばれた岩村朋美さんの「木田ちそ新聞」

 第22回福井県中学生郷土新聞コンクール(県中学校教育研究会社会科部会、福井新聞社主催)の最終審査は28日、福井新聞社で行われ、最高賞の知事賞には福井大附属中1年、岩村朋美さんの「木田ちそ新聞」が選ばれた。

 郷土の地理や歴史を調べ、古里への関心を高めてもらおうと、NIE(教育に新聞を)の一環で毎年開催。今年は、昨年より13校多い県内56校から過去最多の5729点の応募があった。

 社会科部会長の森上愛一郎・国見中校長ら7人が、校内と1次審査を通過した上位10点を▽話題性があるか▽テーマに沿った内容、構成か▽考察、提言が書かれているか−など五つの観点で審査した。

 知事賞に選ばれた岩村さんは福井市木田小出身で、福井の伝統野菜である木田ちその特徴や栽培方法を調べ、農家へのインタビューを実施。ちそ染め体験も自ら行い、木田ちその幅広い魅力を伝えている。森上部会長は「身近な地域の宝を自分の足を使って調査している。古里に対する愛着が伝わってきた」と評価した。

 入賞作65点は、11月9〜13日に福井新聞社・風の森ギャラリー、16〜27日に美浜町生涯学習センターなびあすで展示。表彰式は12日午前10時から福井新聞社で行う。

 知事賞以外の入賞者は次の皆さん。

 【優秀賞】▽県教委賞 橋本来林(明道2)▽あすの福井県を創る協会長賞 為永敦也(南越2)▽県地理学会長賞 真柄有貴(明倫2)▽福井新聞社長賞 久保田凪咲(福井大附1)

 【優良賞】▽県中学校教育研究会社会科部会長賞 青木愛一郎(清水2)齋藤愛(福井大附1)梶岡ミカ(丸岡2)宮本夏子(勝山中部2)若林輝(南越2)

 【ふるさと賞】北出直大(進明2)中野樹梨安(成和2)勝見菜々子、滝谷愛梨(藤島2)前川修音、山本実佑(足羽2)伊藤六陸(武生一2)酒井麻衣(川西2)佐藤美早紀(棗1)吉田陽人(殿下2)野尻桜子、筒井穂乃花(福井大附1)一島了志(松岡2)大槻あかり(東陽2)佐々木萌(開成2)杉川向日葵(上庄1)松村史香(勝山中部2)加藤知明(上志比2)増永菜子、小谷咲恵(足羽一2)林絢大(美山2)

 【佳作】青木駿太(武生二2)田中咲妃(安居2)出見隆晟(国見1)川口妃菜(大安寺2)笹原朋子(鷹巣2)山森涼海(越廼2)寶井ねね(永平寺2)高嵜愛美(中央2)河野愛(鯖江2)平鍋凱(陽明1)上坂瑞(光陽2)武澤千夜子(大東2)酒井彩伽(社2)伊藤舞唯(灯明寺2)山下亜子(至民2)鈴木遥香(森田2)山口順子(気比2)堀田咲来(松陵2)坂井小夏(角鹿2)湊桜子(小浜1)小川安菜・岡拓矢(小浜二3)吉村一華(武生六2)中野沙季子(名田庄1)浦田健人(春江2)江上奈緒(高浜2)吉田文也(金津3)田中奈々未(越前1)奥千聖(内浦1)米村ひかり(尚徳2)一瀬晃佑・熊谷大成・澤田和(美浜2)安部希美(大飯1)齋藤玲奈(高志1)喜多野拓真(丸岡南2)内山田八弥(粟野2)

関連記事
あわせて読みたい