楽天の長島哲郎スカウト部長(右)らから指名あいさつを受けた菅原秀(中央)=大阪体育大

 楽天のドラフト4位、大阪体育大の菅原秀投手(22)=福井工大福井高出身=は28日、大阪府熊取町の同校で長島哲郎スカウト部長らから指名あいさつを受けた。菅原は「先発でも中継ぎでも与えられたところで結果を残したい」と抱負を語った。

 「緊張しました。やっとプロの実感が沸いた」。指名あいさつを終え、ほっと息をついた菅原。長島スカウト部長から「勝負どころで三振が奪えるのが強み。ゆくゆくはエースになれる素材」と太鼓判を押され、「存在感を示せる投手になる」と熱く語った。

 29日から、明治神宮大会の出場切符を懸けた関西地区選手権に挑む。「大学最後の大会で気合が入っている。プロ指名に恥じない投球をみせたい」と誓った。

関連記事
あわせて読みたい