バドミントンのスーパーシリーズ、フランス・オープンは27日、パリで各種目の2回戦を行い、女子シングルスで世界ランキング7位の山口茜(福井・勝山高出身、再春館製薬所)は、同18位のニッチャオン・ジンダポル(タイ)に2−0のストレート勝ちし、準々決勝に駒を進めた。

 山口は第1ゲーム、9−12から6連取で逆転。終盤に4連取を許して19−19と並ばれたが、21−19で競り勝った。第2ゲームは序盤から山口ペース。立て続けに3連取するなど試合を優位に進め、21−16でものにした。

 準々決勝は、世界ランク19位の米国選手と対戦する。

関連記事