福井県庁=福井県福井市

 福井県教委は7月12日、教職員の働き方改革の一環で、県立高や特別支援学校の夏休み中に3~5日の閉校日を設けることを明らかにした。部活動は行わず職員室や事務室も閉じる。

 小中学校は県内14市町教委が閉校日を設ける。

 県内教職員の今年5月の校種別平均勤務時間も明らかにした。平日は小学校10時間24分、中学校11時間7分、高校(高志中含む)9時間46分、特別支援学校9時間21分で、それぞれ昨年5月に比べ10分、12分、5分、4分短くなった。休憩時間は含まない。

 80時間以上残業した教職員の割合は小学校6・1%、中学校43・1%、高校28・9%、特別支援学校2・3%で、それぞれ昨年5月比で2・5ポイント、6・3ポイント、4・4ポイント、特別支援学校1・5ポイント減った。仕事を自宅に持ち帰っているかは調査に含まれておらず、県教委は「今後調査し対応していく必要がある」としている。

関連記事