【10年前のきょう・2008年7月14日】あわら市金津創作の森の開館十年記念事業として、二十日に開幕する「青木野枝展 空の水―金津」(福井新聞社後援)の作品公開制作が十四日、創作の森アートコアで始まった。作品は大小の鉄の輪約三百個をつなぎ合わせた彫刻で、次々に溶接されていく鉄の輪が、会場内に一つの世界を創出している。

 青木さんは東京在住。鉄を素材に二十年以上創作活動を続ける彫刻家で、国内外で個展を開いている。創作の森では二〇〇二年にも作品を出展している。

関連記事
あわせて読みたい