中垣内祐一氏

 バレーボール男子の次期日本代表監督に、プレミアリーグの堺で部長を務めている元代表エースアタッカーで福井市出身の中垣内祐一氏(48)が有力となっていることが23日、分かった。代表監督については2014年から指揮を執る南部正司監督(49)を推す声もあり、留任の可能性もある。25日の日本協会理事会で、女子の代表監督とともに決まる予定。

 中垣内氏は藤島高から筑波大を経て、代表として1992年バルセロナ五輪に出場した。選手時代は新日鉄(現堺)でプレーし、引退後は堺の監督として05〜06シーズンでリーグ優勝。後に男子の代表コーチも務めた。

 

関連記事
あわせて読みたい