山口茜

 バドミントンのスーパーシリーズプレミア、デンマークオープンは23日、デンマークのオーゼンセで行われた。女子シングルス決勝では、リオデジャネイロ五輪のメダリスト2人を破って決勝に進んだ世界ランキング10位の山口茜(福井・勝山高出身、再春館製薬所)が、世界ランキング6位の戴資穎(台湾)に2—1で勝ち、10月2日の韓国オープンに続きスーパーシリーズを制した。

 山口はこの大会、リオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望(日本ユニシス)を2−0で破り4強入り。準決勝では、同五輪金メダリストで世界ランキング1位のカロリナ・マリン(スペイン)に2—1で競り勝った。

 女子ダブルス決勝では、リオ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が韓国選手のペアを2—1で下し優勝した。 

関連記事
あわせて読みたい